ねじ加工品

アンカーボルト(自社製品)

小径アンカーボルト

【L型とフレーム】
【J型】
【JL型】
【I型(アイボルト付)】
【ステッキインサート】
【JL型曲げ見本】
形状 両ねじ/片ねじ/全ねじ
J型/L型/JL型
加工範囲 ねじ径 M10~M48 表面処理 溶融亜鉛鍍金/電気鍍金
鋼種 SS/SD/SNR/SC/SCM/SNCM/SNB/SUS
主用途 土木・建築・通信・鉄塔
利用例
【小径アンカーボルトのタイプ】
種類 J型 L型 JL型
形状
種類 片ねじ 両ねじ 全ねじ
形状

動画

太径アンカーボルト

形状 両ねじ/片ねじ/全ねじ
加工範囲 ねじ径 M52~M250 表面処理 溶融亜鉛鍍金/電気鍍金
鋼種 SS/SNR/SC/SCM/その他特殊合金鋼
主用途 鉄塔・橋梁
利用例

動画

支承用アンカーボルト

支承(ししょう)は、橋梁の上部構造(主桁・主構)と下部構造(橋台や橋脚)の間に設置して両社を締結する部材のことで、当社では主に3種類の支承用アンカーボルトを制作しています。

鬼アンカー

胴の一部を潰してあるアンカーボルトです。潰す際に歪み等が生じない工夫が必要です。

加工範囲 ねじ径 M22~M160 表面処理 溶融亜鉛鍍金
鋼種 SS/SC
主用途 支承
形状

鉄筋巻アンカー

丸棒(丸鋼)の胴部に鉄筋を巻き付けて溶接したアンカーボルトです。

加工範囲 ねじ径 M24~M200 表面処理 溶融亜鉛鍍金
鋼種 SS/SC
主用途 支承
形状

異形アンカー

胴部に凹凸(リブ)のある丸鋼(異形棒鋼・異形鉄筋)の端部にねじ切を施したアンカーボルトです。

加工範囲 材料径 D13~D51 表面処理 溶融亜鉛鍍金
ねじ径 M24~M200
鋼種 SD
主用途 支承
形状

構造用両ねじアンカーボルトセット

当社がJIS認証を取得している構造用両ねじアンカーボルトセットです。

規格 JIS B 1220
名称 ABM400 ABM490 ABR400 ABR490
ねじ径 M10~M48 M24~M48 M24~M100
鋼種 SNR400B SNR490B SNR400B SNR490B
最小引張強さ 400Nmm² 490Nmm² 400Nmm² 490Nmm²
ねじ加工方法 切削 転造
表面処理 電気鍍金 溶融亜鉛鍍金/電気鍍金
主用途 土木・建築
利用例

製品カタログ

TOP