施工部門

Dスルー工法

リンクプレート

排水シート

Dスルー工法Dスルー工法PDF

契約から受け渡しまでの、一貫した責任施工
Dスルー工法は、原則としてアンカーボルト直下に配筋がなされないことに着目し、さらにコンクリート流入性の良い丸鋼を用いた、直下型のアンカーボルト据付工法です。
煩雑な配筋をスルッとかわし、構造体の耐震アンカーボルトを正確・安全に保持する役目を担います。
Dスルー工法4つの特長
Dスルー工法4つの特長-2

脚部の位置移動、段差にも対応

Dスルー工法では、アンカーボルト直下であれば、どの位置にも脚部の移動が可能です。障害物があった場合も気になりません。また、段差のある箇所でもフレキシブルに対応します。

鉄筋との抵触を回避する
アンカーボルト直下型架台

Dスルー工法は、アンカーボルト直下に架台を設けたことが大きなポイントです。鉄筋との抵触を大幅に回避いたします。脚部に丸鋼を使用したシンプル構造のため、従来使われているアングル架台などに比べ、コンクリート流入性を大幅に高めました。

レベル調整が容易

特殊カプラー・Dカプラーの使用により、上下水平レベルの調整が簡単・効果的に行えます。

工場組み立て後に現場搬入

工場組み立て後に現場搬入されるため、工事現場での滞留時間を圧縮できると共に、工期の短縮にも貢献致します。
Dスルー工法 工法の流れ 耐雪基礎安心工事システムの流れ

リンクプレートリンクプレートPDF

敷き鉄板のズレ・バタツキを防止する、特許取得済みの新技術
敷き鉄板を金具で堅結する新技術「リンクプレート」。
従来の切り板溶接に比べ、ズレ・バタツキがなくなるため、安全性が向上。
その他にも様々なメリットをもたらすこの技術は、既に大手スーパーゼネコン等でも使用されています。
リンクプレートの特長とメリット
雨天時でも取付可能なため、工期に影響を及ぼしません。
ズレ・バタツキ防止により、重車両通行時の敷き鉄板の騒音が激減します。
鉄板全てが堅く固定されるため、盗難を防止できます。
「特殊安全ピン」が食い込む構造のため、敷き鉄板のズレ・バタツキを防止できます。また敷き鉄板同市がフラットになるため、安全性が向上します。
締め付けボルト以外は、基本整備を施すことで“再使用”が可能なため、経済性が向上します。
敷き鉄板をしっかりと固定でき、暴れを防止できるため、法面等では特に効果的です。

■施工例

施工例-1
施工例-2
施工例-3
施工例-4
施工例-5
施工例-6
施工例-7
施工例-8

排水シート

脱水・排水・止水に新提案。世界各国での特許取得、発明賞の受賞に至った技術。
排水シートは、世界各国で特許を保有すると共に、国際発明コンクールで金メダルを獲得するなど、 各国・機関にその革新性を認められた、脱排水・止水用シート材です。
排水シートの仕組み
4つのチカラを複合し、
これまでにない機能を実現
毛細管現象
毛細管現象により、上方向(管の方向)へと水を吸収します。
表面張力
表面張力を利用することで、水の逆流を防ぎます。
サイフォン力
“サイフォンの原理”を利用し、吸引力を高めることで排水効果が向上します。
重力
土や砂といった顆粒は、重力によって分離されます。
排水シートのメリット
不可能と言われていた場所でも、排水が可能に
「毛細管現象×サイフォンの原理」の相乗効果と、開孔率20%の構造により、吸・排水効率が高まり、大量排水も可能となっています。
“液体と固体を分離する”機能が製品自体に備わっているため、セルフクリーニングが実現。特別な材料等は不要で、埋め戻すだけの簡単施工です。
湾曲性、たわみ性があるため、複雑な形状にも対応可能。荷重を分散できる構造により、どこに設置しても破損しません。
製品自体はロール状で容積を抑えて保管でき、運搬や管理コストを削減可能。セルフクリーニング機能によりアフターケアも不要で、コストがかかりません。

■施工例

施工例-1
施工例-2
施工例-3
施工例-4
施工例-5
施工例-6
施工例-7
施工例-8